「倫理」とは?なぜ学び、何を学ぶのか?

倫理 学ぶ 理由

 

高校の社会科科目では、「倫理」という単語だけでは理解しにくい教科を学ぶことがあります。

今まで学んだことも聞いたこともないという方に、「倫理」とは何か、なぜ学ぶ必要があるのかについて解説していきます。

これから「倫理」を学ぶ方に、ぜひ一度は読んでほしい内容です。

倫理とは?

倫理とは、簡単に表すなら「道徳や精神、モラルを学ぶ科目」です。

もっと具体的にいえば、自分以外の人と共生していくために必要な社会規範について考察していく学問とも言えるでしょう。

人間関係や社会形成の根本を学ぶ上で倫理では、必要な知識として以下の内容を扱っていきます。

  • 青年期の課題と人間としての在り方(自己形成)
  • 人間としての自覚
  • 国際社会に生きる日本人の自覚
  • 現代を生きる人間に必要な倫理
  • 現代と倫理的課題

倫理の教科書でも似たような文言で載せられています。

高校の倫理では、哲学史に近い形で学んでいくことができるので、大学等で学ぶ倫理より理解しやすくなっています。

倫理を扱わない高校もあるようですが、倫理を選択できる環境であるならば、学んでおいて損はありません。

青年期に必要な人間としての生き方を考えることができるので、この教科を学んでおけば、今後人生の難所に遭遇した場合に使える考え方の幅が増えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です